繰り返し記号

音楽を聞いていると繰り返しをしている部分がよくあります。
繰り返し部分をすべて楽譜で書くととても長くなってしまうので、コンパクトにまとめ、楽譜を分かりやすくするためにも繰り返し記号が使われます。

通常の1本線で書かれた小節線ではなく、太い線、細い線、点2つで書かれた小節線がリピート記号です。 リピート記号で囲まれた部分を2度演奏したあとはそのまま楽譜の続きを演奏、もしくは曲を終了します。 それぞれ、演奏順序を楽譜の下に書いています。
もっともよく見かけるのが、『カッコ』です。
カッコの中に1、2と書かれているので、繰り返しの順番がわかりやすいです。

ダルセーニョはD.Sと書かれた場所からセーニョマークがあるところに飛び、Fineもしくは、複縦線の上にフェルマータが書かれている部分まで演奏して曲を終了します。
ダ・カーポが曲の先頭に戻る記号だったのに対し、ダルセーニョはセーニョマークのところに戻るところが違います。

繰り返し記号で同じ小節が繰り返し演奏されている途中で、To Coda(トゥー・コーダ)記号が書かれている場合はCoda(コーダ)と書かれた場所まで飛ばします。
To CodaとCodaの間の小節は演奏しません。

Codaの書かれた小節の前が空いている譜面も存在しますが、つながっている楽譜と同じく繰り返し記号どおり演奏します。
譜面制作をする人はこれをコーダ切れと呼びますが、見やすさに配慮してこの記譜法がされることが多いです。
演奏順
A → B → C → D → E → F → A → B → C → G → H

あなたにオススメの曲

  1. タイとスラーの違い

  2. 楽譜ネット

    付点音符、休符と複付点

  3. 楽譜ネット

    ピアノのクラシックでおすすめの練習曲2選

  4. 楽譜の読み方-よく使う記号の名前

  5. 楽譜ネット

    ピアノ初心者におすすめの教本

  6. 楽譜ネット

    初心者におすすめの曲2選